WEB

WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと

  • LINEで送る
ph. EROL AHMED

約 5 分で読めます。

WEBサイトで肝心な掲載漏れ

WEBサイトをビジネスに活用されている方。住所など基本的なことの掲載はしてあるけれど足りていない情報、お客様のことを思えば掲載した方がいい親切な一言は忘れがちです。以下の WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと 漏れていませんか?

  1. 住所は書いてあるけど、駐車場はあるの?大きなワゴン車も止められる?何台まで?
  2. 最寄りの交通機関 や目印は?
  3. クレジットカードは使えるの?どのカード?
  4. ネットで発注した際の支払いのタイミングは?
  5. お問い合わせフォームの返信にかかる時間は?
  6. 担当者は?

WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと

その①② 住所は必ず書いてありますが、車で来店される方は駐車代金が別途必要か気になるはずです。駐車場があるのかきになるはずです。交通機関を利用の方には近くに駅やバス停がある等を明記してあると親切です。

その③ 持ってるカードが使えるか不安になりますよね。来店型のビジネスの場合、お会計時にカードが使えないとかなりマイナスです。

その④ クレジットカード決済フォームで支払うのか、銀行振り込みなのか、コンビニ決済、どのサービスが使えるのか、支払いのタイミングなど掲載漏れがあります。

その⑤ お問い合わせした時「返信まで少々お待ちください」少々とはどのくらいの時間なのか気なります。

その⑥ 担当者の名前もあれば安心できて親切ですよね。

その他「プライバシーポリシー」を「プライバシー」など短縮して呼んだり、業界用語で語っている。 SEO対策 では正式な名称の方が判断されやすいという情報もございます。

内容の整合性が取れていない、例えば徒歩5分とトップページに書いてあるのに別のページでは3分と書いてある、些細な事ですが辻褄が合わないと、いい加減な印象を与えてしまいます。

上記の住所や交通機関などの細やかな情報と合わせてご確認下さい。

SEO対策 を気にするのに WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと

Google 検索の対応は気にしがちですが、以上のような基本事項は忘れがちです。
記載漏れでお客様を逃してしまうのは残念ですよね。
記載しておけば、お問い合わせ対応の手間も省けて、お客様にも事業者様にもメリットが生まれるます。

WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと まとめ

自分が顧客ならどう感じるか?お客様の立場に立ってお客様目線でデザインされたホームページを制作して下さい。人に向けて対策するそれが検索対策の近道です。Google もそうなってきてます。

WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと

Googleは気にするのに忘れていること

ご相談お問い合わせメールフォームより承っています。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

そのメッセージ伝わってますか? 写真は電話を発明したアレクサンダー・グラハム・ベルです。 第一印象OK中身が残念 スモールビジネスを行う中小企業様、小規模ビジネスのオーナー様に向けた広告のお話、見た目と中身について、人の第一印象は見た目でほぼ決まるといいます。それはデザイン、広告も同じです「これは綺麗なチラシだな」「カッコイイ...
レスポンシブを導入するポイント メソポタミア文明では粘土板と呼ばれる道具で情報伝達を行っていました。 増加するスマホ利用者 スマートフォンの普及でスマホで閲覧しやすいウェブサイトが増え、情報伝達もより素早くなりました。スマホサイトの仕組みは大きく分けて2種類あります。 1つはパソコン用サイトとスマホ用サイトを分けて作る方...
ブログを安定して定期的に投稿する方法... 一度に複数投稿して予約投稿をする ブログ(ビシネス)が続かない方へ、続けるのはなかなか難しいですよね。 ブログを定期的に投稿する こと毎日の更新を1年の大きな目標にされている方もいます。習慣にしないとそれくらい難しいです。 そんな方に週1からでも投稿を続けてみて下さい。 それを楽にこなす方...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメントを残す

*