広告

広告疲れ

  • LINEで送る
広告疲れ

約 3 分で読めます。

最初から宣伝してはダメ。宣伝すればするほど避けられる。

世の中広告だらけですよね。ブログ、検索サイト、動画配信、アプリ、メール。「無料なんだから我慢したら?」て言うと、身も蓋も無いのですが、確かに広告費が無料のサービスを支えているのは確かですが、多くの方は 広告疲れ を感じています。

最近は度が過ぎる物も多い場合もスクロールする度に上から降りてくる広告バナー、間違えて押さそうと、紛らわしいボタン、ブログの半分は広告?広告にウンザリしている人も多いはず。

広告疲れ を感じさせないよう最初から宣伝しない

そこで最初に戻って、あなたの商品がどんなに良くても最初から宣伝してはダメです。

例えば、いきなりフェイスブックなどのSNSで面識の無い人に

「こんなサービスやってます。買いませんか?」って送るのは絶NGです。

見知らぬ電話、飛込みの営業で物を買う人は多く無いでしょう。

それよりは「いつもジムで一緒になる斎藤さん保険の営業らしいから、今度保険について聞いてみよう」なんで斎藤さんに自発的に聞いてみようと思ったか?コミュニケーション取れて信頼関係が出来ているからです。

WEBでもチラシでも、お客様と関係ができるように工夫してみて下さい。定期的にブログを書く、顔を載せる、経歴や資格を載せるなど自己開示、売る前にできることはやりましょう。

いきなり売ろうとしないのがポイントです。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

ネットをあてにしすぎじゃない? ネットだけが集客の道具ではない インターネットは、コンテンツを用意しておけば寝ている間にも宣伝してくれて、予約や注文が入る便利な道具です。 しかし仕事が入るきっかけは、ネット以外の部分も多いのです。 例えば、新年の挨拶のDM、ちょっとしたデザインを工夫しておくとお客様の記憶に残り問い合わせ...
広告における写真の重要性 世界の目の保養になるイケメン図鑑よりモデルのアレクサンダーゲイズラーです。 TPOを考慮した写真 以前に小規模ビジネスのオーナー様に書いた記事で「見た目が大事」と書きました。今回は写真が与える信頼と安心感についてお伝えします。写真は簡単にスマホでお手軽に綺麗に撮ることができますが、しかし広告(チ...
あなたの燃え方は自燃 他燃 不燃? ホームページやブログで「読んで貰うにはどうしたらいいのか?」 と言う質問をされます。何度もブログで書いてますが、お金もかけずできることは定期的な更新をすることです。惰性で更新を行うのではなく、閲覧者に有益な情報を更新することが大事です。 ホームページの内容は更新しようがなく固定でもブログは更...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. 惠子 より:

    こんにちは^ ^
    最近プロバイダーの営業電話がしつこくて困ってます。あれもいっしゅの広告と同じですよね。
    いきなり電話されても‥‥って感じですね。
    必要に迫られて、信頼があれば聞く気にもなれますが、押売りは困りますね。
    人の都合を聞かないで勝手に喋ってるし。

コメントを残す

*