広告

コピーライティングスキルアップ

  • LINEで送る
ph. JAMES MOXLEY

約 3 分で読めます。

初心者にオススメするコピーライティングスキルアップの方法について。

文章で伝える場面は日常で様々ありますね。
ブログやメールにメモやラブレター。
書く時に心がけたい基本は『読みやすさ』です。

読みやすいとは、簡潔、興味を惹く内容の文章です。

あまり書く事に慣れていない方にオススメな方法

『ピラミッドを意識すること』まず結論や重要な事を先に書く。ダラダラ長く結論が見えない文章は、読みにくいだけではありませんか?
だから先に言いたいことを言ってしまって『完結』させる。
『簡潔』にするコツは、同じ意味の文章を繰り返さない、文章が無駄に長くなる原因。

後半の文章は『句読点』の何処を切っても完結する。文章量の調整用に。

文章は足すのではなく、削るを意識して書くと上手く行きやすいです。

見出しタイトル

必ず本文に関連、象徴する内容にする。分かりやすいタイトル。重要なのは見出しを見て、何について書かれているかわかるタイトルです。

興味を惹くとは

より具体的キーワードや具体的な数字、データを描く。日付、場所、人数、統計、など。

アウトプットに近道なし1日にして成らず。

とにかく書いて訓練する。
上手な人の文章を沢山真似る、読む。

WEBやブログのライティングではSEO対策の為に2,000〜3,000文字が良いとの情報が流れてますが、最終的に読むのは人間です。削って2,000文字にまとめた文章、無理矢理に2,000文字で書いた文章では、読みやすさは大違いです。文章の質に雲泥の差があります。

読みやすい文章を書いて下さい。

ph. JAMES MOXLEY




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

選ばれる工夫が大事 選択肢が多いと選ばれない 貴方の商品やサービスが沢山のコンテンツがあるにも関わらず、思ったような反応が得られていないケースはありませんか? 選択肢が多い場合のほうが消費者の反応が良いデータもあります。 例えばケーキ屋で迷うほど沢山並んだケーキはワクワクしますよね。様々な場面で選択肢が多...
イラストの上達にマーケティングを活用... 上手いイラスト イラストの上手い下手の基準ってなんでしょうか イラストは様々な場所やシーンで使われています。マスコットキャラクター、絵本、雑誌の挿絵、広告の解説、ファッション雑誌のイメージとしてなどなど。そこには写実的で細かいイラスト、シンプルでオシャレなイラスト、スタイリッシュなカッコいいイラス...
WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと... WEBサイトで肝心な掲載漏れ WEBサイトをビジネスに活用されている方。住所など基本的なことの掲載はしてあるけれど足りていない情報、お客様のことを思えば掲載した方がいい親切な一言は忘れがちです。以下の WEBサイトの制作で忘れがちな大事なこと 漏れていませんか? 住所は書いてあるけど、駐...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. Sara より:

    ホームページのブログに投稿する時に、ブラウザや画面のサイズで改行がズレて見た目が悪くなるので、そこも考えながら、文章作るの大変ですね。
    タイトル短くしすぎて検索に効果なかったら悲しいですし。

    1. ARITOARU OFFICE より:

      Saraさま
      制約のある中で効果的な決まり文句を考えないといけないコピーライティングの難しい所です。

コメントを残す

*