雑談

マリオのデザインを紐解く

  • LINEで送る
マリオ

約 3 分で読めます。

国民的な人気キャラクター

日本を代表するゲームクリエイターの宮本茂氏が生み出したマリオは25年以上の長きにわたり愛される国民的な人気キャラクターです。誰でも1度は遊んだ経験があるのではないでしょうか。

マリオとは何者?

宮本茂氏が心がけた事はマリオに余計なプロフィールを付けない事だったそうです。24~25歳くらいのヒゲの男、ただそれだけ。余計な固定イメージを付けない事が功を奏し今ではレース、テニス、RPG、ボードゲーム、ゴルフ様々なゲームや企画で違和感なくマリオは成功しています。

ヒットした理由

マリオがここまでヒットした理由は、分かりやすさです。ファミリーコンピューターで発売されたスーパーマリオブラザーズは十字キーにAとBのボタンで操作するシンプルな設計、ダンジョンを左から右に進み攻略する。敵が来たら踏みつける、飛び越える、クッパを倒しピーチ姫を助ける。簡単なアクションと簡単なストーリー。

デザイン的な視点

動きや、色の配色、サウンドなどファミコンで表現可能なギリギリまで無駄を削ぎ落とした、デザインのお手本と言える作品です。昔のドット絵マリオでさえデザイン的な美しさを感じます。

思い出

私のマリオ体験は小学校一年生から、当時はファミコンを持っている友達の家に入り浸っていました。ファミコンを持っていればクラスの人気者になれた。マリオ3で新しいアイテムや進化したステージにワクワクして。スーパーファミコンで新キャラクターや画面の美しさに驚き。マリオカートで友達と白熱対戦。Nintendo64では3D化に感動。ベースはファミコンから変わらずも、シリーズを重ねながら常に進化を続けるヒゲの男マリオ。まだまだ楽しませてくれそうですね。

インタビュー記事はこちらから




投稿者プロフィール

Lydon
Lydon
ARITOARU OFFICEのデザイナー ディレクターとして活動させて頂いてます。趣味の雑学を中心に投稿しています。お問合せはメールフォームより受付けています。

関連記事

天才クリエイター飯野賢治 Kenji Eno 写真の人物は2013年2月20日(満42歳没)に亡くなったゲームクリエイターの飯野賢治さんです。彼の作るゲームはまるでドラマや映画のワンシーンに入り込んでいるような錯覚を起こさせます。 色褪せない作品 飯野賢治さんの立ち上げたワープという制作会社は大きな会社ではありませんで...
ポケモンGOで遊んでみて続かなかった理由... 最初は楽しめたポケモン GO 8月頃の話ですが。世界中で社会現象を巻き起こしたポケモン GO を遊んでみました。遊び始めた当初は、現実の世界とポケモンの世界が融合したような感覚と、ポケモンを探す楽しみで夢中になっていましたが、 しかし長くは続きませんでした。 その理由は、ポケモン集めに飽きたに...
オープンワールドの走りシェンムー ゲームデザイナー鈴木裕 鈴木裕さんは常にゲームの先頭を走って来ました。セガのビデオゲーム初の体感型ゲーム「ハングオン」ビデオゲーム初のポリゴン格闘ゲーム「バーチャファイター」 シェンムーはオープンワールドの走りとしてドリームキャストでフリーと言うジャンルで発売され、今尚多くのファンがいます。...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. PSFAN より:

    Wii U の後継機はどうなるんだろうか。また第一弾はマリオだね。

    1. Lyon より:

      PSFAN さま
      コメントいつもありがとうございます。
      任天堂の顔はマリオですからね。後継機もマリオは間違いないでしょうね!

コメントを残す

*