広告

ブレない広告展開

  • LINEで送る
ブレない広告

約 4 分で読めます。

ブレる球を蹴る本田圭佑選手。

伝え方に愛情を込めていますか。

小規模ビジネスの事業者様、スモールビジネスの経営者様に、今回はコンテンツ(商品)の届け方(伝え方)を一緒に考えたいと思います。SNSやブログ、ホームページ、メルマガ、チラシであれ、常に発信者を悩ませるのが「反応が無い」これが主な悩みではないでしょうか?

世の中には情報が溢れています。

貴方の商品をより多くの方に伝える為に「リスティング広告を出しましょう!」「SEO対策は万全ですか?」「ホットペッパーに掲載しませんか?」このような営業の電話や訪問も多いようです。
確かに大きな企業の運営するポータルサイトなどは市場が大きいかもしれませんが、しかし「契約したから業績が劇的に上がった!」そのような話を身近であまり聞いたことはありません。

後を絶たない広告の営業

現在このような営業が多く、つい営業マンの熱弁に広告が主役だと錯覚し、手当たり次第に手を出し、広告欄の為に広告を出していた、自分のお店の広告同士が競合していたなんてことにも。

宣伝は大事ですが広告はあくまでも伝える道具、主役は商品です。飲食店であれば料理、洋服屋であれば洋服がコンテンツ(商品)なのです。

自慢の商品であれば届け方にも愛情を

もはや新聞やテレビ、雑誌だけが消費者の情報源ではありません。これからは個人個人が様々な情報を精査して仕入れる時代。だからこそ「良い商品」なのに「伝え方に軸(芯)が無い」ブレるのは、もったいないですよね。

インターネットを使えば個人や企業がメディアになれます。貴方がメディアとなって、コンテンツを主役に届け方をシンプル丁寧に考えデザインして見てください。

参考にしてほしい「軸のある伝え方」をするお店の紹介
■レザーブランドBacklashを扱う店舗のWEB

公式WEBサイトを軸にしながらフェイスブックとインスタグラムを使いファンとのコミュニケーションと新たな顧客づくりを上手く実践、伝え方に軸があるので顧客の反応をこぼすことなく丁寧に対応が可能になる。(紹介したお店はAritoaruとは関係はありません)




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

ビルゲイツから学ぶ読書のすすめ すべての年代で「読まない」増加 文化庁の「国語に関する世論調査」は、全国の16歳以上の男女3000人を対象に実施。電子書籍を含む読書量の変化などについて今年3月にアンケートを行い、集まった回答を半年かけて分析した。 それによると、マンガや雑誌を除く1カ月の読書量は、「1、2冊」と回答したのが34...
上手なBlogの書き方。 上手なBlogの書き方を ポイントを抑えながら説明 以前、Blogは書いた方が良い、と言うような記事を投稿しました。今回はポイントを抑えて上手に書く秘訣をお伝えします。 書き方編 1.タイトルで内容が分かるように工夫する。 全ての文章を読まないと内容が分からない記事だと、 ほとんどの方は...
広告における写真の重要性 世界の目の保養になるイケメン図鑑よりモデルのアレクサンダーゲイズラーです。 TPOを考慮した写真 以前に小規模ビジネスのオーナー様に書いた記事で「見た目が大事」と書きました。今回は写真が与える信頼と安心感についてお伝えします。写真は簡単にスマホでお手軽に綺麗に撮ることができますが、しかし広告(チ...

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメントを残す

*