WEB

WEBデザインの流行レイアウト2012〜

  • LINEで送る
Aritoaru

約 2 分で読めます。

レイアウトの変化

最近のデザインのレイアウトはiPhoneの登場をきっかけにコンテンツのアイコンを画面に並べるのが主流になっているようです。(本棚の表紙をズラッと並べたような。)

イメージ主体に

過去はテキスト主体でした、その代表的なサイトがYahooのようにタイトルをコーナーごとに並べて見る側は文字を読んで読みたい記事を探していました。

最近は視認性重視で見る側がイメージしやすく探しやすい画面へと変わって来ています。iPhone、Windows8、Andoroid、ゲーム機、WEBサイトなどお手元にお持ちの製品を見てみるとお分かり頂けるでしょう。

ズラッと並んでませんか?




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

適材適所なデザイン デザインについて考える デザインとは綺麗に見せる。 情報を整理する、使い勝手良くする、見栄え良くお洒落に仕上げる等だけではなく あえて汚く見せるのもデザインです。 綺麗に見せるだけが目的ではない 安売りのドンキホーテはこの手法を用い店内の商品をあえて、乱雑に山積みしてレイアウトをします...
イラストの上達にマーケティングを活用... 上手いイラスト イラストの上手い下手の基準ってなんでしょうか イラストは様々な場所やシーンで使われています。マスコットキャラクター、絵本、雑誌の挿絵、広告の解説、ファッション雑誌のイメージとしてなどなど。そこには写実的で細かいイラスト、シンプルでオシャレなイラスト、スタイリッシュなカッコいいイラス...
広告における写真の重要性 世界の目の保養になるイケメン図鑑よりモデルのアレクサンダーゲイズラーです。 TPOを考慮した写真 以前に小規模ビジネスのオーナー様に書いた記事で「見た目が大事」と書きました。今回は写真が与える信頼と安心感についてお伝えします。写真は簡単にスマホでお手軽に綺麗に撮ることができますが、しかし広告(チ...
  • LINEで送る

コメントを残す

*