WEB

上手なBlogの書き方。

  • LINEで送る
Aritoaru

約 4 分で読めます。

上手なBlogの書き方を
ポイントを抑えながら説明

以前、Blogは書いた方が良い、と言うような記事を投稿しました。今回はポイントを抑えて上手に書く秘訣をお伝えします。

書き方編

1.タイトルで内容が分かるように工夫する。
全ての文章を読まないと内容が分からない記事だと、
ほとんどの方は読むのを断念してしまいます。

2.長文記事は文章が始まる前に目次で何が書かれているか伝える。
長い記事は読む側に負担がかかります。
目次を先に用意して、終わりが見えるようにしてあげましょう。

3.文の最初か最後に何を言いたいのか、まとめる。
結論があって説明があるのか。
説明があって結論を述べるのか決めておく。

4.構成や文の雰囲気をまとめる。
同一人物、同一組織として文を投稿しているのに、文章の構成や話し言葉が毎時、記事によりバラバラだと読みにくくなってしまう。

運用編

1.過去に書いた記事も読んで貰う為の工夫をする。
せっかく書いた記事がSNSのように流れてしまうのは勿体無いです。
記事は大事なコンテンツです。大切にしましょう。

2.過去の記事の引用で閲覧記事数を伸ばす。
過去の同カテゴリーの記事等は過去記事を引用し再利用する。

3.関連記事の掲載
記事をよんでくれた方に興味がありそうな記事をリンクさせる。

4.過去の記事を訂正して新記事として再投稿する。
過去に書いた記事が年月の経過やルール変更等により状況が変化した場合は訂正記事として再投稿してよい。

アクセスアップ編

1.ブログランキングに参加する。
同じ興味を持った人が集まる所でアピールする事はアクセスアップに繋がります。

2.ワードプレスで書く
ホームページをお持ちの方はホームページの中にブログ機能を組込む事でSEO効果をホームページに与える事が出来ます。

以上のように、要点を抑えるだけで、読みやすいブログになり閲覧数アップに繋がります。以上の例だけでなく、書き方が上手な方やメディアを参考にゼヒ取組んでみて下さい。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

ブログを毎日書くとどうなるか 継続することの重要性 毎日ブログを書くのは、なかなか難しいものです。 ある統計によると『したい人、10,000人・始める人100人・ 続ける人1人』 例えば「今年は毎日ブログを書きたいな」と思う人が10,000人いたとして、始める人は100人、その中で続く人は僅か1人程度だそうです。(あくまで...
そのメッセージ伝わってますか? 写真は電話を発明したアレクサンダー・グラハム・ベルです。 第一印象OK中身が残念 スモールビジネスを行う中小企業様、小規模ビジネスのオーナー様に向けた広告のお話、見た目と中身について、人の第一印象は見た目でほぼ決まるといいます。それはデザイン、広告も同じです「これは綺麗なチラシだな」「カッコイイ...
広告疲れ 最初から宣伝してはダメ。宣伝すればするほど避けられる。 世の中広告だらけですよね。ブログ、検索サイト、動画配信、アプリ、メール。「無料なんだから我慢したら?」て言うと、身も蓋も無いのですが、確かに広告費が無料のサービスを支えているのは確かですが、多くの方は 広告疲れ を感じています。 最近は...
  • LINEで送る

コメント

  1. 洋食屋 より:

    こんにちは、私は子育てブログを書いているんですが、ついつい思うがままに書いて乱文になってしまいます。人に読んで貰うからには、読みやすい構成考えなきゃいけないですね。

コメントを残す

*