WEB

アクセス解析はWEB運営の生命線

  • LINEで送る
アクセス解析

約 4 分で読めます。

アクセス解析をよく見ていない

よく アクセス解析 を見ないで修正を頂くことがあります。確かにお好みのデザインにして行きたいのは理解できます。しかしそういう依頼をされる方がアクセス解析を見ていないので優先事項な更新ではない事がほとんどです。

  • メニューボタンの色を変えて欲しい
  • 自己紹介の写真が気に入らない
  • 可愛らしく

しかしこれらの変更は自己満足で閲覧者にとっては大した問題でない事がほとんどです。

アクセス解析 を見て修正を検討する

例えばアクセス解析を見て閲覧者がどのようにWEBサイトを見ているかフロアチャートを見ると、

TOP → サービスの説明 → 離脱(直帰率95%)

だとします。

問題があるのは色でしょうか?先に更新すべきは写真でしょうか?アクセス解析を見ると問題があるのはサービスのページではっきりしてませんか?

まずは肝心の急所を改善する。

残りの5%から満足のいく結果が得られているならいいのですが
得られていないならば、肝心なところを改善しないと効果が出ないのは当たり前です。

アクセス解析を見ずにデタラメに修正しても意味がありません。木を見て森を見ずでは本末転倒です。数字は嘘をつきません95%のお客様を逃していることに目を向けしっかりWEBサイトのメンテナンスをしましょう。

しかしアクセス解析は素人の方が見てどこが悪いのか、数字から予測や効果を判断するのは難しいものです。ツールもGoogleアナリティクスだけでなくその他の解析ツールも駆使して、どの企業や団体からのアクセスが多いのか?

アクセスの多い日時、デスクトップやスマートフォンどの端末からのアクセスが多いのかを見極めて、単なる数字からこのサイトを閲覧している人の業種やニーズを予測してコンテンツ作りに活かして行きます。

それにはプロの解析士の能力が必要になります。

アクセス解析 まとめ

アクセス解析が大事なのはお分かりいただけたと思います。AritoaruではGoogleから認定を受けた解析士があなたのWEBサイトを診断し運営を行います。WEBの制作や運営、解析についてお悩みの方お問い合わせ下さい。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

上手なBlogの書き方。 上手なBlogの書き方を ポイントを抑えながら説明 以前、Blogは書いた方が良い、と言うような記事を投稿しました。今回はポイントを抑えて上手に書く秘訣をお伝えします。 書き方編 1.タイトルで内容が分かるように工夫する。 全ての文章を読まないと内容が分からない記事だと、 ほとんどの方は...
あなたのプロジェクトが進展しないケース... 方向性も決まったのに何故? プロジェクトが進展しないケース について、広告や Web (ホームページ)の制作依頼や考案をしてもらう際に。 コンサルタントやデザイナーの方としっかり打合せをしてターゲットやコンテンツも決まった、進むべき方向性も決まった! よしやろう! でも制作をスタ...
あなたのメッセージが届かないわけ。... 自分の話ばかりする人に疲れた経験は、ありませんか? または、貴方自身が話を聞いて貰うことに夢中になっていませんか?私が私がと自分ファーストな人からは、人は離れて行くものです。 相手の話に耳を傾ける。 そうする事で相手は貴方からの肯定感を抱き、信頼し貴方の話に耳を傾けてくれ、自分の悩みを相談して...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. PSFAN より:

    最近AIでも解析するよね。普通に誰でも解析する時代が来そうだ。

  2. SASAKI より:

    単純な数字だけではなく、何故そこで離脱してしまったのか?心理面も予測して、、うーん奥が深いですね。

コメントを残す

*