雑談

レオナルドダヴィンチ 『アンギアーリの戦い』展 広島

  • LINEで送る
レオナルドダヴィンチ

約 4 分で読めます。

アンギアーリの戦いとは

レオナルドダヴィンチ と銘を打ってますが、1504年にレオナルドダヴィンチがヴェッキオ宮殿に描いたとされる『アンギアーリの戦い』の絵画は発見されていません。

様々な理由で公開できず絵が消失されたと記録されています。それを実際に見ていた当時の画家達が摸倣した作品を広島で見て来ました。

レオナルドダヴィンチ の細部にまで描く技

当時のダヴィンチのメモやスケッチから察するに、構図や色、細かい表情や筋肉の動きまで計算され尽くしています。

1つの絵を仕上げるまでにこれだけの労力と熱意を込めているのは、驚きと、感動が湧き上がってきました。

ダヴィンチによる手のスケッチ

感性が素晴らしい

現代はコンピューターを使いパソコンやスマホで簡単に絵が描けたり誰でも写真撮影、作曲ができますが、全てがアナログな時代で当時の芸術家は様々な思考を巡らせ作品を昇華させる感性は現代人では叶わないのでは!?

画家は重要だった

写真もない時代だからこそ、画家という職業はデザイン設計や様々な記録を残す重要な仕事で、この時代に多くの偉大な芸術家を輩出した要因なんだと感じました。

終わりに

普段、美術館に行かない方は、ぜひ美術館に足を運んで芸術家との対話を楽しんでみてはどうでしょうか。

『アンギアーリの戦い』については下記の参照をご覧下さい。

1504年、レオナルド・ダ・ヴィンチはフィレンツェ共和国からの依頼を受け、ヴェッキオ宮殿に『アンギアーリの戦い』を描き始めた。同時に、ダ・ヴィンチの壁画と反対側の壁には、ミケランジェロが『カスチーナの戦い』の制作を手がけていた。同じプロジェクトを同時期に両者が手がけたのは、この時だけである。ミケランジェロは下描きが終わった時に(1505年)、ユリウス2世ローマへ呼び戻され、未完のまま終わった。『アンギアーリの戦い』はダ・ヴィンチ最大の大作であり、ミラノサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に描いた『最後の晩餐』の苦い経験から、テンペラフレスコではなく油絵で壁画に挑戦した。そのため、実験的な手法を試みた。しかしダ・ヴィンチは、恐らくロウを混ぜた厚い下塗りなど試行錯誤したが、表面の絵の具が流れ落ち出した。急いで乾かしたものの絵画の下半分しか救うことができず、上部は色が混じり合ってしまい、ダ・ヴィンチはこの壁画を諦めることとなった。
Wikipedia 参照




投稿者プロフィール

Lydon
Lydon
ARITOARU OFFICEのデザイナー ディレクターとして活動させて頂いてます。趣味の雑学を中心に投稿しています。お問合せはメールフォームより受付けています。

関連記事

Adobeに掲載されました 世界的なARTのコミュニティサイト Adobe(アドビ)の運営するコミュニティーサイトに Aritoaru で制作されたイラストが掲載されました。 Adobe 社は Photoshop(フォトショップ)や Illustrator(イラストレーター)などデザイナーがデザインをする際に不可欠なソフト...
Aritoaru デザイン・イラスト素材 自由に使えるイラスト素材 Aritoaru では無料ダウンロードサイトでイラスト素材の無料提供を行っています。 広告やデザイン関係者にもご利用頂けるクオリティの高いデザインのイラストを積極的に公開しています。ほとんどのイラストは Adobe Illustrator 素材で大小のサイズ関わらず...
iPad Air とスタイラスペンで描く あえて旧式端末を使う iPad pro & Apple pencil や Surface シリーズなどの優秀なガジェットが登場し、タブレット端末で絵を描きやすくなりました。しかし最新のガジェットは高嶺の花、高額で簡単に購入できる物ではありません。 そこで、iPad air と Ado...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. 洋食屋 より:

    芸術の秋を愉しまれたようですね。

コメントを残す

*