デザイン

ロゴマークのお値段の目安

  • LINEで送る
ロゴマーク

約 3 分で読めます。

ロゴマークの価値

デザインとは本来、原価や物価などに置き換えて価格を計算する事が難しい商品です。ロゴ1つとって見ても価格はピンからキリです。

幾つかの例を上げてみます。

  • コカコーラのロゴマークのお値段 0円
  • ペプシコーラのロゴマークのお値段 4000万円
  • ナイキのロゴマーク 0円
  • ロンドンオリンピックのロゴマーク 5000万円
    (※上記はあくまで参考データです。)

一流企業のロゴでもここまで開きがあるのは驚きですね。

コカコーラやナイキは創業者が自分で考えているので0円なのですが、では何千万円のロゴマークは何が違うのか?これは私見になりますが、ロゴマークが及ぼす影響力だと思います。

ロゴマークと経済効果

大企業(例:AU , セブンイレブン 等)のロゴマークだと、全国の看板、社員の名刺、備品、広告媒体、グッズ等、時には数千点以上の製品(このような案件を CI,VI,BI と呼ぶ。)に影響を及ぼし、大きな経済効果を生み出します。ロゴマークの価値がそれだけ大きいと言うことですね。

それがロゴの価格に置き換えられると思います。テレビコマーシャル等の媒体でより多くの人が目にするのであれば商標登録等を念入りに行なう事も考えなければいけません。

たかがマークと侮ってはいけません、デザイナーにとってロゴマークはデリケートで神経を使う仕事であり、しかし、やりがいのある名誉な仕事なのです。

ちなみにロゴマークは正しい呼び方ではありませんシンボルマーク、ロゴタイプが正しい呼び方です。

安易に考えない

これから起業される方や、開店される方はシンボルマークを作られる際はこれからどのように会社を成長させて行きたいか?どのように成りたいか?どのように使われるか?貴方の『魂』を込めたロゴマークをしっかり考えて真剣に作ってみてはいかがでしょうか?




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

焼き鳥は串から外すか? 焼き鳥の串とデザインの関係 とある焼き鳥店の店主が「焼き鳥を串から外して食べないで下さい」と張り紙でお願いをした事がSNSをきっかけに話題になりました。 店長曰く、串から外すと肉汁が溢れてしまうし温度が下がる。一本一本のネタの塩加減や大きさを微妙に調整して美味しく食べてもらう工夫もしている。...
適材適所なデザイン デザインについて考える デザインとは綺麗に見せる。 情報を整理する、使い勝手良くする、見栄え良くお洒落に仕上げる等だけではなく あえて汚く見せるのもデザインです。 綺麗に見せるだけが目的ではない 安売りのドンキホーテはこの手法を用い店内の商品をあえて、乱雑に山積みしてレイアウトをします...
イメチェン! イメージを変えてみる いつも同じロゴ、名刺やホームページのイメージ、写真、道具、色、大きさ、レイアウト、毎日見ていると飽きてくるのも事実、たまに何かを少し変えるだけで顧客や、何よりも貴方の心境にも新鮮な風を吹き込んでくれるかもしれません。 企業イメージを変えた起業 AU、スターバックスコーヒー...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. Makoto Watanabe より:

    初めまして。
    お問い合わせはどちらのメールフォームから送ったら良いのかわからず、こちらにコメントさせていただきました。
    記事も面白い内容ばかりで世界観に魅力を感じております。

    これからも記事の更新楽しみにしております。

    問い合わせフォームがわからないので、そちらの件はアドレスまで返信お願いいたします

  2. 洋食屋 より:

    ほんとそうですよね。大きな会社のマークだと色々なお金の流れが生まれますよね。勉強になりました〜。うちもロゴを作るなら色々変えないといけませんかねぇ〜。
    *\(^o^)/*

    1. ARITOARU OFFICE より:

      洋食屋さま
      コメントありがとうございます。
      ぜひまたお越し下さい。

  3. ナッツモト より:

    3案無料で作りますとか格安で20案提出とか、検索かけると出てきますが、高いお金を払って作って貰うのでは(経済効果は置いといて)何が違うのですか?

    1. ARITOARU OFFICE より:

      ナッツモトさま コメントありがとうございます。
      値段の高い安いに関わらず、ロゴマークの使用は色んな場面が想定できます。
      例えばWEBやチラシ広告、名刺、メディア等、それら全ての場面でロゴが同じ印象で見えなければなりません。
      写真などに配置する場合、背景が赤の時、赤いロゴはどう処理するか?表示が小さい・大きい場合等、使用ルール作りや検証をしなければなりません。
      無料で3案、格安で20案で提示されるロゴでは、深い部分まで詰めて思案することは無理だと思います。

コメントを残す

*