広告

あなたのメッセージが届かないわけ。

  • LINEで送る
ph. KATRIN BAUSTMANN

約 3 分で読めます。

自分の話ばかりする人に疲れた経験は、ありませんか?

または、貴方自身が話を聞いて貰うことに夢中になっていませんか?私が私がと自分ファーストな人からは、人は離れて行くものです。

相手の話に耳を傾ける。

そうする事で相手は貴方からの肯定感を抱き、信頼し貴方の話に耳を傾けてくれ、自分の悩みを相談してくれるようになるのです。

対人関係では、気をつけているつもりでも

ホームページやブログ、広告メッセージなど見えない相手に対しては、意外と沢山の人が「私の話を聞いて!!」と言う人が多いのです。

対人関係では相手の反応が分かるからブレーキが効くのですが、ネットなどは相手が見えなく一方通行になる為、注意してくれる人もいません。だから反応が無いと更に「聞いて!!」が加速して人が離れて行くんです。

発言が一方通行になると、反発も受けやすいもの。

きちんとお客さんの反応はホームページやブログならばアクセス解析に出てるんです。あなたのメッセージよりも価格のページの方がみんな気にしてたりします。

欲しくない情報ばかりだと直帰率も高くなる。

まずはお客さんの声に耳を傾ける。声を拾う努力をする。そこでプラスアルファ貴方のメッセージとお客さんの声が交わるポイントを見つけて、記事を作る、デザインすることが大事です。それができれば単なる価格のページが他社(他者)と差別化された魅力を身につけることができるんです。

貴方のメッセージとお客さんの欲しく情報が交わるポイントを見つけて下さい。アクセス解析をきちんと見て、問題を見つけ解決して的確にメッセージを届けましょう。

言いたいことをいかに聞いて貰うか考える事は大事ですよ。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

あなたのプロジェクトが進展しないケース... 方向性も決まったのに何故? プロジェクトが進展しないケース について、広告や Web (ホームページ)の制作依頼や考案をしてもらう際に。 コンサルタントやデザイナーの方としっかり打合せをしてターゲットやコンテンツも決まった、進むべき方向性も決まった! よしやろう! でも制作をスタ...
小規模ビジネスにおけるイメージ広告とレスポンス広告... イメージとレスポンスの違い SONY広告 小規模のビジネス事業(スモールビジネス)や中小企業様の広告においてイメージ広告とレスポンス広告はどちらを活用すべきでしょうか。それぞれの効果や目的を「SONYウォークマン」と「やずや」を例に解説します。 イメージ広告とは上記の「SONYウォー...
鉄は熱いうちに叩け!集客はスピード感が命!... 意見交換が大事 デザインの現場ではクライアント様と意見交換しながら 広告の方向性やデザインを決めて行きます。 クライアント様から具体的な要望を頂いてご提案する事も あれば意見を求められ提案する事もあります。 将来を見据えたイメージ 強い積極的な意志と冷静な決断力、将来を見据えたイメー...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. SASAKI より:

    確かに、自分の伝えたいことと、相手の聞きたいことのバランスが大事ですね。基本的なことは忘れがちになりますよね。

    1. Aritoaru より:

      SASAKI様
      そうですね。言いたいことも、相手の聞きたい事もバランス良く聞く事が大事で、工夫次第で改善できることですよね。

コメントを残す

*