IT

Blogは書くべきか?

  • LINEで送る
Aritoaru

約 2 分で読めます。

ブログは書いた方が良いか?

結論を申しますと。業種や企業規模にもよりますが、書いた方が良いと思います。

ブログを書く店と書かない店の差

1つ例をあげます。
いつだったか、ちょっと革製の高価な洋服をインターネットで探していました、数ある店の中から私が探している商品がある店はA店とB店に絞られました。

どちらもお買い物カゴがついてカード決済が使え商品価格も同じでした。まあよくあるショッピングサイトですが、

A店はブログをやっていました。
B店はやっていませんでした。

私は高い買い物なのでブログをしっかり読んでみました。
A店の販売員さんはその製品を使用し感想を書き込まれていました。何日着用で柔らかい風合いになったとか、休日に遊びに行って着用したが一枚でも寒さがしのげた等私が欲しいと思っている商品への愛情やその方の人柄が伝わって来たのです。

私の中でB店の選択肢は消えました。

買うとしたらA店です。

いかがですか?

ブログは継続するのが面倒かもしれませんが、それが難しければ1つのテーマで感じた事を数話で完結させても、いいと思います。ブログを書かれる際はブログ検索への登録をお忘れなく。




投稿者プロフィール

Lydon
Lydon
ARITOARU OFFICEのデザイナー ディレクターとして活動させて頂いてます。趣味の雑学を中心に投稿しています。お問合せはメールフォームより受付けています。

関連記事

時代はインスタグラム? インスタグラムは閲覧率が高い あるデータによると、インスタグラム(instagram)へ投稿した写真の閲覧率はフェイスブックやツイッターよりも多く、 インスタグラムは閲覧率が高い (特に若い世代で) インスタグラムは閲覧率が高い 理由、検索にインスタグラムが使われる 検索と言えば、Google...
問題定義して解決方法を示さないのが問題... ブログや SNS で問題定義をしている人を見かけます。 よくある 問題定義 とは「政治がダメだ」「あの監督がダメだから万年Bクラスだよ!」「今回の iPhone つまらない驚きがない Apple おわたwww 」 などよく見かけます。 問題定義 には解決方法を示す 匿名で使えるインターネットの...
フェイスブック広告を試してわかった4つの重要なこと... フェイスブック広告ってどう? 検索広告はグーグルだけではありません。フェイスブックやツイッターなど様々なSNS内で、フットワークの軽さを活かした展開が行なわれています。フェイスブック(以下 FB )広告のポイントを紹介します。 1.第一印象はかなり重要 多くのFBユーザーは広告なんてじっくり読...
  • LINEで送る

コメントを残す

*