WEB

ブログを毎日書くとどうなるか

  • LINEで送る
ph. ANNIE SPRATT

約 3 分で読めます。

継続することの重要性

毎日ブログを書くのは、なかなか難しいものです。
ある統計によると『したい人、10,000人・始める人100人・ 続ける人1人』
例えば「今年は毎日ブログを書きたいな」と思う人が10,000人いたとして、始める人は100人、その中で続く人は僅か1人程度だそうです。(あくまで参考程度に)

毎日書く事は相当大変ですが、毎日書く人が少ない分、毎日書ける人は多くの人に見て貰えるチャンスが日々増えるという事ですよね。

毎日書くとこうなる

Aritoaruが担当させて頂いている。歯科医院では、スタッフが交代で毎日ブログを投稿されています。継続期間も数年が過ぎて、Google検索による競争率の高いキーワード「広島の歯科」では、随時上位に上がるようになっています。

スタッフブログとは別で院長がワードプレスで執筆する記事は、広島と治療名を入れるだけで検索トップに上がる効果を上げています。中でも「親知らず」でのヒット率が高く問い合わせが毎日あるそうです。続けることの重要性を当ブログで何度も解説しています。「親知らず」は狙ったわけでなく続けたからこそ上がってきたキーワードなのです。続けることで予想外の反響を得られるケースも珍しくありません。

因みに、当Aritoaruブログも毎日ではありませんが5年程運営しています。アクセス数はオープン当初から随分増えています。まだまだ発展途上ですが、継続の効果は実感しています。

継続することは習慣化すると良いといいます。簡単な方法はありません、そこは企業努力・個人の心がけ次第です!




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

小規模ビジネスにおけるイメージ広告とレスポンス広告... イメージとレスポンスの違い SONY広告 小規模のビジネス事業(スモールビジネス)や中小企業様の広告においてイメージ広告とレスポンス広告はどちらを活用すべきでしょうか。それぞれの効果や目的を「SONYウォークマン」と「やずや」を例に解説します。 イメージ広告とは上記の「SONYウォー...
ホームページに人が来ない? 写真は火星無人探査機のマーズ・エクスプロレーション・ローバーです。 人が来ない理由 スモールビジネスを行う中小企業様や小規模ビジネスの事業者様にホームページのアクセスが伸びない、、、そういうご相談を頂く事がございます。詳しくホームページの運用状況を伺う中で、よく勘違いされている点があります。 ...
ターゲットを明確に! 伝える内容を絞る 多くの方がホームページや紙媒体で宣伝をする場合つい多くの人に見てもらいたくて、窓口を大きく広げて内容を考える事はありませんか?しかし媒体によっては狭く絞った方が効果が現れる事もあるのです。 ターゲットその1 新築一戸建てが4,000万円 メタボでお困りの男性...

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. 洋食屋 より:

    たしかに継続は大事ですね。
    すぐ駄目と決めつけづ、続けられることをコツコツとやるのが大切ですよね。

    1. Aritoaru Office より:

      洋食屋さま
      時として無理をしてでもって時期はありますが、最初のハードルは低く、それを達成する毎に高くしていけば、無理なく続けられますよね。

コメントを残す

*