広告

ネットをあてにしすぎじゃない?

  • LINEで送る
ph. EROL AHMED

約 2 分で読めます。

ネットだけが集客の道具ではない

インターネットは、コンテンツを用意しておけば寝ている間にも宣伝してくれて、予約や注文が入る便利な道具です。

しかし仕事が入るきっかけは、ネット以外の部分も多いのです。
例えば、新年の挨拶のDM、ちょっとしたデザインを工夫しておくとお客様の記憶に残り問い合わせや発注が発生する可能性があります。

飲食店や販売店、PPC広告を打って店の中で来店を待つだけですか?声かけや近隣の挨拶、ポスティングの方が効果的な場合もありますよ。

実際にあったケース

広島で行われた駅伝で、多くの露店が並んでいる中で、スタッフの声かけだけで、露店のお饅頭があっという間に完売してました。

Aritoaru でもDMハガキから仕事の発注もあります。
ネット以外では、何を行なっているか、見直してはいかがでしょうか。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

ターゲットを明確に! 伝える内容を絞る 多くの方がホームページや紙媒体で宣伝をする場合つい多くの人に見てもらいたくて、窓口を大きく広げて内容を考える事はありませんか?しかし媒体によっては狭く絞った方が効果が現れる事もあるのです。 ターゲットその1 新築一戸建てが4,000万円 メタボでお困りの男性...
ビルゲイツから学ぶ読書のすすめ すべての年代で「読まない」増加 文化庁の「国語に関する世論調査」は、全国の16歳以上の男女3000人を対象に実施。電子書籍を含む読書量の変化などについて今年3月にアンケートを行い、集まった回答を半年かけて分析した。 それによると、マンガや雑誌を除く1カ月の読書量は、「1、2冊」と回答したのが34...
ブレない広告展開 ブレる球を蹴る本田圭佑選手。 伝え方に愛情を込めていますか。 小規模ビジネスの事業者様、スモールビジネスの経営者様に、今回はコンテンツ(商品)の届け方(伝え方)を一緒に考えたいと思います。SNSやブログ、ホームページ、メルマガ、チラシであれ、常に発信者を悩ませるのが「反応が無い」これが主な悩みで...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメントを残す

*