広告

ネットをあてにしすぎじゃない?

  • LINEで送る
ph. EROL AHMED

約 2 分で読めます。

ネットだけが集客の道具ではない

インターネットは、コンテンツを用意しておけば寝ている間にも宣伝してくれて、予約や注文が入る便利な道具です。

しかし仕事が入るきっかけは、ネット以外の部分も多いのです。
例えば、新年の挨拶のDM、ちょっとしたデザインを工夫しておくとお客様の記憶に残り問い合わせや発注が発生する可能性があります。

飲食店や販売店、PPC広告を打って店の中で来店を待つだけですか?声かけや近隣の挨拶、ポスティングの方が効果的な場合もありますよ。

実際にあったケース

広島で行われた駅伝で、多くの露店が並んでいる中で、スタッフの声かけだけで、露店のお饅頭があっという間に完売してました。

Aritoaru でもDMハガキから仕事の発注もあります。
ネット以外では、何を行なっているか、見直してはいかがでしょうか。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

小規模ビジネスにおけるイメージ広告とレスポンス広告... イメージとレスポンスの違い SONY広告 小規模のビジネス事業(スモールビジネス)や中小企業様の広告においてイメージ広告とレスポンス広告はどちらを活用すべきでしょうか。それぞれの効果や目的を「SONYウォークマン」と「やずや」を例に解説します。 イメージ広告とは上記の「SONYウォー...
安売りは正義か悪か? 苦しい価格競争 大手企業様の傘下で経営を行う中小企業オーナー様やスモールビジネスや小規模ビジネスの事業者様にとって悩ましいのが価格競争ではありませんか?安売りは消費者にとって最もインパクトを与え集客効果をもたらす武器でもあります。しかしご自身の事業のセールスポイントを安さに特化する危険性を事業者様...
あなたの燃え方は自燃 他燃 不燃? ホームページやブログで「読んで貰うにはどうしたらいいのか?」 と言う質問をされます。何度もブログで書いてますが、お金もかけずできることは定期的な更新をすることです。惰性で更新を行うのではなく、閲覧者に有益な情報を更新することが大事です。 ホームページの内容は更新しようがなく固定でもブログは更...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメントを残す

*