IT

フェイスブック広告を試してわかった4つの重要なこと

  • LINEで送る
Facebook

約 4 分で読めます。

フェイスブック広告ってどう?

検索広告はグーグルだけではありません。フェイスブックやツイッターなど様々なSNS内で、フットワークの軽さを活かした展開が行なわれています。フェイスブック(以下 FB )広告のポイントを紹介します。

1.第一印象はかなり重要

多くのFBユーザーは広告なんてじっくり読みません。文章は簡潔に読みやすく。イメージを伝える写真は必ず入れましょう。写真の有無でリーチ・イイね数が随分変わります。ビジュアルデザインは大事。

2.広告システムを理解する。

・FBページを宣伝する場合。

・投稿を宣伝する場合。

の2パターンがある。(使い分け方はポイント3の後半に記載。)広告額は100円(掲載期間を選択)から、表示される毎に支払った金額が少しずつ消化され減って行きます。

注意:掲載期間によっては設定金額を使い切る前に終了する場合がある。代金は消化された分の金額のみ支払います。(例 掲載期間1日を100円で設定の場合、100円を使い切る前に1日が終了する可能性がある。3日で100円の場合、掲載されないこともある。)

3.ゴールは必ず設定しましょう。

A.自社サイトへの誘導。問合せ販売に繋げたいのか。

B.イイねを稼ぎたいのか。

で掲載内容は変わるので無計画では損をするだけ。

Aの場合は、注文や問合せの導線作りホームページやFBページ作りを必ずしっかり行ってからFBの宣伝をする。

Bの場合は、投稿の宣伝を行い、新規のイイネを押したフォロワーにFBページへ招待するなどマメな運営、広告回数で稼ぐ。(イイねのお願いは嫌われる場合もあるが、広告そのものも嫌われる傾向にある為、ある程度割り切りは必要かと)

4.「リーチ」や「イイね」は投資額に応じて稼げるが、それが結果にすぐ結びつくとは限らない。

FB広告はGoogle広告やSEO対策より競合が少なく市場が大きいのは魅力的。しかし注文を取ってもらう、販売する、動いてもらう等は目的を持って検索・アクセスされるGoogleのPPC広告の方が効果は期待できるでしょう。

結果:1日300円程度から6本の投稿記事の広告を実施

1投稿あたり約100リーチ、新規イイね約3名、FBページに新規参加2名。そのうち広告を出さなくてもイイねを押してくれる方1名の獲得。当ブログサイトの閲覧数200〜300増となりました。

FB広告は短期間で「イイね」を稼ぐには手っ取り早い方法だと感じました。しかし「イイね」をどのように活かすか考えておかないと広告費の無駄に終わるでしょう。

フェイスブック広告の方法は公式サイトのこちらから。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

「広告費の目安」ぐるなび、ホットペッパーの広告費は高い?... 広告費は高い? 広告費のことで小規模ビジネスのオーナー様や飲食関係のお客様から「ぐるなび、ホットペッパーの広告費は高いんだよね」なんて話をよく聞きます。 上記の媒体に関わらず広告費が高い安いの基準は何でしょうか? 多くの方が目にする有名媒体だから? デザイン、宣伝方法にこだわったから...
広告に載る料理が美味しそうに見えない時に確認する3つのこと... 食品パッケージや広告を美味しそうに見せる方法 飲食店の経営者様や通販サイトの運営者様。自分のお店の商品チラシや通販の商品パッケージ 美味しそうに見せる方法 を模索されている方、店頭に並ぶ食品のパッケージを見て「美味しそうだなぁ」と思いませんか? このブログ記事表紙の湖池屋のポテトチップスのパ...
ブログを安定して定期的に投稿する方法... 一度に複数投稿して予約投稿をする ブログ(ビシネス)が続かない方へ、続けるのはなかなか難しいですよね。 ブログを定期的に投稿する こと毎日の更新を1年の大きな目標にされている方もいます。習慣にしないとそれくらい難しいです。 そんな方に週1からでも投稿を続けてみて下さい。 それを楽にこなす方...
  • LINEで送る

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメント

  1. Sara より:

    Facebook の広告は途中から、安い投資だと効きが悪くなりませんか。

    1. Aritoaru Office より:

      Saraさま
      コメントありがとうございます。たしかにそうですね。掲載される回数は少なくなる傾向を感じます。

  2. 洋食屋 より:

    おはようございます。今日は朝から予約の仕込みがありちょっと早起きで、こちらにおじゃましてます。
    広告にも色々あるんですね。何がなんだか、ついていけなくて混乱しそうです。笑

    1. ARITOARU OFFICE より:

      洋食屋さま
      全部覚える必要はないと思います。
      ぜひ自分のお店の勝ちパターンを見つけてくださいね。
      広告やWEBはあくまで道具ですので。

コメントを残す

*