デザイン

適材適所なデザイン

  • LINEで送る
Aritoaru

約 2 分で読めます。

デザインについて考える

デザインとは綺麗に見せる。
情報を整理する、使い勝手良くする、見栄え良くお洒落に仕上げる等だけではなく
あえて汚く見せるのもデザインです。

綺麗に見せるだけが目的ではない

安売りのドンキホーテはこの手法を用い店内の商品をあえて、乱雑に山積みしてレイアウトをします。綺麗に並べると怒られてしまいます。乱雑に見せる事で安さを演出しているのですね。

広島名物お好み焼き屋で考えてみる

キレイな大理石の床にきれいなメニュースーツを着た店員さんが接客するお好み焼き屋は、美味しそうでしょうか?

やはりソースで汚れたメニューに煙でススっぽい店内でおばちゃんが焼く、お好み焼きが美味しそうではありませんか?

以上 あえて汚いデザインでした。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

更新が止まったホームページやブログは死んだも同じ!?... 人気漫画あしたのジョーよりリングで散った主人公です。 更新しない悪影響 今回はちょっと縁起の悪いタイトルですが、、、潰れてしまった会社や廃業した事業のホームページやブログは更新されません。それは、もう新しいニュースをお届けできないからです。当たり前ですね。 負のイメージ 多くの人にとってホー...
広告における写真の重要性 世界の目の保養になるイケメン図鑑よりモデルのアレクサンダーゲイズラーです。 TPOを考慮した写真 以前に小規模ビジネスのオーナー様に書いた記事で「見た目が大事」と書きました。今回は写真が与える信頼と安心感についてお伝えします。写真は簡単にスマホでお手軽に綺麗に撮ることができますが、しかし広告(チ...
Googleに好かれる集客できる記事作り Googleが評価する内容とは 人に喜ばれる記事作りこそGoogleが目指す検索です。今後SEOのコンピューターもそこを判断できるように進化していきます。人に喜ばれる記事とは以下のような内容です。 例 A店「うちのレストランはこんな新鮮食材を使ってお客様をおもてなしします!」 読者「どん...
  • LINEで送る

コメントを残す

*