WEB

WEBは管理する時代へ

  • LINEで送る
mazda画像

約 3 分で読めます。

写真は誰でも快適に楽しく運転できる車づくりが魅力のマツダの広告です。

作った後が大事

ホームページは今やパソコンで誰でも手軽に制作が出来るように敷居も低くなりました。それはツールを提供する側の技術の向上で、誰でも簡単に制作できるツールを皆様に提供しているからです。上記の車のように運転(制作)しやすく作っているのです。

ですからきちんと『商品』となるホームページの制作には、プログラミングやコーディング、CSS、SNS、SEOやデザイン等やはり専門的な知識は不可欠なのです。

更新が滞る

「クオリティーにはこだわらないから自分で作るよ!」そういう方もいらっしゃいますが、しかし一番の問題は、次第に更新されなくなり機能しなくなる事です。それでは、お客様の求める情報を提供できず企業様や店舗様のイメージを損なう恐れに発展します。

作るのは難しくないが、維持する事が大変なんですね。ホームページの役割は、誰でも興味があればWEBサイトを見て頂き、情報源として提供する為の重要な『商品』の一部です。

軽いフットワークが大事

わざわざ大掛かりな制作費を投入しなくても(一部企業や媒体を除いては)これからは、フットワークの軽い WEB を制作し、 WEB担当者を雇ったつもりで管理を任せて行くことが上手に運用していくコツではないでしょうか。




投稿者プロフィール

Aritoaru
Aritoaru
マーケティングを行いクリエイティブ、WEBや広告デザインのご提案・制作・販売をいたします。お問合せはメールフォームより受付ています。

関連記事

企業ホームページが絶対必要な理由 活気のある競市場の写真。 WEB サイトは必要ない? スモールビジネスを行う中小企業様や小規模ビジネスの事業者様で、「うちはホームページを見てもらうような商品扱ってないし一般の人が顧客ではないからホームページはいらない」なんて考えていませんか? 看板の無い会社 しかし、企業と企業の取引におい...
メニュー表記の順番 メニューといえば WEBのコンテンツメニューや、お店のサービス・商品のメニュー表、メニューも色々ありますが、お店の メニュー表記の順番 考えて書いてますか? 見落としがちな メニュー表記の順番 それが思いつくままに、適当に書いている方が以外に多いのです。 商品には気を配れるのにメニューまで気...
あなたの燃え方は自燃 他燃 不燃? ホームページやブログで「読んで貰うにはどうしたらいいのか?」 と言う質問をされます。何度もブログで書いてますが、お金もかけずできることは定期的な更新をすることです。惰性で更新を行うのではなく、閲覧者に有益な情報を更新することが大事です。 ホームページの内容は更新しようがなく固定でもブログは更...

Facebookを購読する

この記事が役に立ったという方や面白かったという方はお手数ですがFBにログインして頂き、ぜひイイネをよろしくお願いします。

こちらから

コメントを残す

*